平成18年2月1日 第3種郵便物未認可
第109号 2006年03月16日(不定期)
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
月別
企画
LINKS
カテゴリー
コメント
トラックバック
携帯電話
qrcode
広告
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
なでしこジャパン優勝
3ヶ月振りか。結構短期間のうちにログインしたので自分でもビビってる。つか、5月に編集長名義で記事が書かれていることにもビビってる。オレじゃないからね。

先日サッカー女子ワールドカップで、なでしこジャパンが優勝して、東日本大震災以来、暗い話題ばかりだった日本に少し明るい話題がもたらされた。今日も朝テレビをつけたら、誰かが出ていた。サワって人しか知らない。

決勝戦の日、飲みに行って帰ってきたから少しだけ見た。女子サッカーの試合を見るのはじめてだった。前からなでしこジャパンは「女子版バルセロナ」なんて報道もあったから、相当うまいんだろうな、と思って見始めた。ちなみにバルセロナは、男子サッカーのスペイン強豪クラブで鮮やかにパスを回して試合を支配するチーム。きれいで強いチームかな。

それを想像して見たので、始まって数分で「なんだこりゃ」と思ってテレビを消して寝てしまった。昨日サッカーに明るい友人にそのことを話したら、「男子と比べてはダメだよー」とのこと。まぁ、そうか。でも、力強さやスピードは劣るにしても足元の技術とかは・・・とかなんとか思いながらも「そんなもんか」と思ったのでありんす。

ここまで読むとなでしこジャパンの優勝にケチをつけているみたいだが、そうじゃない。テレビを消して寝た後の話。祝日だったが、お昼くらいから仕事に行かねばならなかったので、朝に起きた。テレビをつけると、どこも「なでしこ優勝!」の文字とともに、試合のダイジェストやこれまでの道のり、選手・監督の人となりなど、テレビはなでしこ一色だった。

なんと!前日に「なんだこりゃ」とテレビ消した自分が、それを見て感動したのだ。「よくがんばったじゃないか。おめでとう!」なんて思ったり、仕事のメルマガで「明るい話題です!」なんて書いてしまう手のひら返し。

完全にテレビ局にやられているわけですな。まぁ、別に彼女達の偉業を称えているので、悪いことではないと思う。「なんだこりゃ」と思ったのも、女子サッカーの現状を知らずに勝手に男子と比べた自分がバカなだけ。自分が無知だっただけ。他国には女子サッカーが盛んなところもあって、そこに勝っての優勝なのだから、凄いことだと思う。というようなことをテレビを見て思い直したのでありんす。

ただ、どうなんだろう?これにより、女子サッカーの未来は明るくなるのだろうか。数年前にも女子ソフトボールチームで同じようなブームがあったけど、現状はどうか?

いや、女子ソフトが現在どんな状況かは知らないんですけどね(しらねーのかよ!)。ただ、あの時も「よくやった!」って感動したんですよ。私。それが数年経っただけで、もう知らないの。人間なんてこんなもんです。おそらくほとんどの日本国民がそう。

くどいようだけど、優勝は凄いことだと思っているよ。ただ、せっかく優勝したのなら、継続して興味を持たれる競技になれれば良いと思う。協会もそのように考えているでしょう。監督・選手達に至っては、優勝の次の日のインタビューでオリンピックを見据えた発言をしていた。さすが優勝チーム。素晴らしい。

では、女子サッカーの未来を明るくするには誰ががんばれば良いのでしょうね?

なんてメールを待っている時間でくだらないことを書いていたら、丁度メール着ました。誰ががんばれば良いのかは私は知らない。業界で考えろってことです。
| 臭い汗 | 話題のニュース | comments(0) | trackbacks(3) |
早実・斎藤投手の青いハンカチを追う
今年は無職だったこともあり、結構夏の甲子園をテレビで観戦しました。
20代前半までは夢中になって見ていたものですが、最近はとんとご無沙汰でした。
高校野球の面白さはプロ野球と違い、選手たちが未熟であることだと思います。
例えば、ピンチになれば泣きそうな顔をした選手がいるし、プレーにおいてもミスが出る。
それが一つのドラマとして面白いんですね。
今年は、決勝に残った2校の実力が抜きん出ていた印象。両チームともエースがしっかりとしており、ミスの少ないチームでした。
優勝した早稲田実業の斎藤佑樹投手は、マウンド上でハンカチを使って冷静に汗を拭うことから、「ハンカチ王子」なるニックネームがつけられ、
甘いマスクも手伝って大会中からかなりの人気者です。
確かに、高校生ながらあれだけのピッチングをしたら人気が出るのもうなずけます。
しかし、テレビを見ていて首を傾げるニュースを目にしました。
探してるんです。
何をって?斎藤投手が使っていた青いハンカチと同じものを。
テレビ局が何を報道しようと勝手ですが、あまりにも下らなすぎませんか?
しかも、そんなニュースに腹が立ってチャンネルを変えると、別の局でも同じことをしているんです。
本当に呆れます。報道番組と名乗らないでほしいくらいです。
視聴率を取りたくて野球とは関係のないことを報道されることに一番嫌気が差しているのは斎藤投手本人でしょう。
そして、これが日本のマスコミのレベルなんだと彼も分かったでしょう。これがエスカレートしてマスコミ嫌いのスポーツ選手が増えていくわけですね。
まぁ救いは、本人が「また普通の生活に戻る」とを言っており、バカに流されていないこと。
彼は、今後も野球を続ける意思があるみたいなので、バカは相手にせず一生懸命野球をやってほしいものです。。
| 臭い汗 | 話題のニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
中田英寿「まだまだできるのに」
毎週土曜日にフットサルをやっている。
フットサルとは簡単に言うと小さいサッカー。少人数でもできるのが魅力だ。
フットサルのメンバーと酒を飲んだりすると、この時期自然とワールドカップの話題になることが多い。
私の優勝予想は日本、フランス、ポルトガルのどこかであったが、ご存知のように日本は1次リーグで敗退。
ポルトガルはフランスとの準決勝で敗れ、フランスだけが決勝戦に進んだ。
優勝予想とは、言うなれば応援するチームを決める作業である。
ポルトガルとフランスには好きな選手もいるし、その国のサッカースタイルが好きだ。だから応援している。
しかし、これが日本代表になると当てはまらない。
試合が始まる前の気持ちは「頼む!何でもいいから勝ってくれ」である。
だから、試合を観ていても楽しめない。ずっとドキドキしっぱなしだ。
特に初戦のオーストラリア戦なんかは悲惨だった。
終了6分前まで勝っていたのに、最後に3点取られ逆転負けを喫した。頭が真っ白である。
しかし、数分すると色々考える。「これ実際見に行ってる人ってオレよりかわいそうだな」と。私よりも恐らく日本代表を愛している人達だし、わざわざ現地に飛んで応援しているのだから。
一緒に観戦していた友人はこう言った。「俺オーストラリア人になりたい」。確かに!と思ってしまった。オーストラリア人としては最高に気持ちがいい勝利だったろう。
と、このように人それぞれ色々見方がある。
まぁ好き勝手に色々考えるんだが、忘れてならないのは、一番悔しいのは選手に違いないということだ。
私と同い年の中田英寿選手は、この大会を最後に現役を引退した。半年前から決意していたという。まだまだ出来るのに。
もったいないとか、他にも才能があるだろうなどと色々考えた。

だが、“まだまだできる”のに、これを最後とすべてをかけようと思った大会があったこと。

これが羨ましくてしようがない。
私は何に対峙したときにこのような気持ちを持つことができるのだろうか。
そんことを考えさせられたワールドカップであり、同い年の決断だった。
まだ終わってないけどね。
| 臭い汗 | 話題のニュース | comments(1) | trackbacks(0) |
ワールドカップに猪木イズムが!
日本中がワールドカップで盛り上がっているというのに、
ここで取り上げないのもなぁ、ということで少しサッカーについて。
ワールドカップの報道でよく見られるのが、「日本がどこまで行くか」、
「優勝国はどこか」についてです。
日本が初出場した98年大会では出場しただけで偉い!、自国開催となった02年大会では予選リーグ突破が大方の目標として挙げられていたと思います。
日本は20年前まで本大会に出場するのも夢だったということを考えれば、
このような見方になるのかもしれません。
しかし、私はいつもこれらの報道に違和感を感じていました。
02年の時など、監督が「予選突破すれば、あとの試合はボーナスだ」と言ったらしいのです。

おいおい。出るからには優勝目指せよ。

私は日本が初出場した時からそう思っていました。
アントニオ猪木風に言うと「やる前から負けることを考える奴がいるかぁー!」とビンタを食らわせたい気持ちでした。
確かに、サッカー強国と言われる国でも優勝したことのない国も多い。
長い歴史の中で見れば、日本が優勝するなんて夢物語なのかもしれません。
だけど、目指すのは自由でしょ。ブラジルが日本に負けることもあるのがサッカーというスポーツなんだから。

で、今回。選手、監督のインタビューを見ると「やるからには優勝目指す」との発言がちらほら見られるようになりました。
やっと彼らにも猪木イズムが継承されたようです。
前回、前々回は本人たちが優勝すると思っていないんだから優勝の可能性はゼロ。でも今回は・・・
ひょっとすると、ひょっとするかもしれませんよ。

まぁ、何事も諦めずにやってみようぜ!というお話です。
ちなみに私の優勝予想は日本、フランス、ポルトガルのどれか。希望込みです。
| 臭い汗 | 話題のニュース | comments(3) | trackbacks(0) |
共謀罪
皆さん共謀罪ってご存知ですか?
今、国会で審議されているらしいのですが、
簡単に言うと、犯罪に関する相談をしただけ逮捕される法律だそうです。
例えば、会社の悪口を言って、「社長殺してーよ」
とか「今の政権を崩すにはテロしかねーよな。やろうぜ」なんて言っただけで
逮捕される可能性があるということです。

これ、警察の考え一つでどうにでもなると思うんです。
正直、私がもし警察に目をつけられたら
1週間で何回逮捕されるか分かりません。
冗談でも言うだろうし、酔っ払っても言うかもしれません。
極端に言うと現体制に歯向かう者はみんな逮捕される可能性があると思います。

これじゃあ、どっかの独裁国家と変わらないと思いまスミダ。
まったく日本もマンセーな国ですね。
テロでもしますか!


| 臭い汗 | 話題のニュース | comments(3) | trackbacks(0) |
漫画みたいな話
ヤフーニュースで物凄いニュースを見ました。
シンガポールに中国系武道家一族がいるらしいのですが、
その人達の師匠が死の間際に
「青森県相馬村に極真空手の伝承者がいる。
彼に会い空手の秘伝書を譲り受けて欲しい」
と遺言したらしいのです。
それを真に受けた師匠思いの弟子たち13人は行ったらしいです。相馬村に。

これだけ聞くと漫画のように勇ましく幻想いっぱい。かっこよすぎます。

しかし、現実はそんなに甘くありませんでした。
相馬村に行った人のうち3人が雪道に迷い遭難しちゃいました。
しかも、警察に保護されちゃいました。
加えて、極真空手本部は「相馬村に道場はない。
空手家がいると聞いたこともない」らしいです。

たまに自分が死ぬ時に何を言うか、考えることがあります。
答えは何一つ出ていませんが、
このニュースを見て、人に迷惑をかける遺言には気をつけようと思いました。
死傷の言動には気を付けましょう。
| 臭い汗 | 話題のニュース | comments(4) | trackbacks(0) |
WBC日本が世界一に
嬉しすぎて声も出ません。

皆さんご存知だと思いますが、紆余曲折を経て
日本の野球がWBCで世界一だと証明されました。
選手の皆さんにありがとうと言いたい気持ちです。
私が昔一生懸命汗を流した日本の野球が世界一になったのです。
本当に野球をやっていたことを誇りに思えます。
また、野球に関係する者のみならず、日本中に勇気を与えてくれたとも思います。
2次リーグで1勝2敗になった時はもうダメだと諦めかけましたが、
何が起こるかわからないものです。
人生においても、何があっても諦めない気持ちを持つことの大切さを、
WBCを通して改めて強く感じることができました。

最近、人気が低迷している日本のプロ野球ですが、
今年はビール片手に世界一のプロ野球を観戦しまくりたいと思います。
それが今回がんばってくれた選手への恩返しだと思いつつ。
| 臭い汗 | 話題のニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
2円盗んだ男に実刑判決
3月6日にパイプベッドさんが、500円を盗んだ30歳小学校教諭逮捕という記事を書きました。
しかし、世の中にはもっとすごい男がいました。
寺の賽銭箱からジュース代欲しさに現金2円盗むなどしたとして
近藤誠治被告(27)に1年10ヶ月の実刑判決が下されました。
この他にも、4本セットの乾電池2点(796円相当)を窃盗、
橋の下でシンナーを吸うなどしていたらしいですが、
ジュース代欲しさに2円盗むのはなかなかすごいです。
まぁ近藤君は最近まで刑務所に入っていたらしいので
相当お金に困っていたのでしょう。でも、2円です。
100円のものを買っても消費税も払えません。

おそらく近藤君はすぐに出所すると思いますが、
地元ではいつまでも「2円の男」と呼ばれることでしょう。
2円ぽっちを盗んだばかりに2円の男になってしまう。
近藤君ほど2円に泣いた人は近年いないんじゃないでしょうか。
たかが2円されど2円です。
| 臭い汗 | 話題のニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
<new | top | old>