平成18年2月1日 第3種郵便物未認可
第283号 2006年12月07日(不定期)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
月別
企画
LINKS
カテゴリー
コメント
トラックバック
携帯電話
qrcode
広告
<< 卑怯者 | main | マッチポンプ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ハスの栽培
先日の牛乳ビンにいれた蓮。
予想以上に成長が早い。
可哀想なので大きな入れものに移すことにした。
適当なものを探していたら手頃な金魚鉢を見つけたので買うことにした。
そこのお店は植物も扱っているので蓮について聞いてみると、蓮は春に種を撒くらしい。
間違えて冬に撒いてしまった。
しかもかなりの大きさになるので金魚鉢程度じゃ足りないと言われた。
考えてみれば蓮の根はレンコンになるので金魚鉢に入るわけがない。
根が出てきたら土も入れてあげなくてはいけない。
でも土を入れたら水が濁る。
しょうがないので妥協して砂を入れることにした。
お店の人が以前ためしに砂で栽培した時は花は咲かなかったものの枯れることはなかったそうだ。
一般的には大きな陶器の鉢に土を入れて屋外で育てるものらしい。
でもそんな場所はないしガラスの器に入れて観賞したかったので妥協に妥協を重ね金魚鉢に砂を入れることにした。
生き物を育てるのに準備が足りなかったと後悔してもすでに芽が出ているので後戻りできない。
とりあえず金魚鉢で育てて大きくなりすぎたら新しい鉢を買うか実家に持っていくか不忍池に放流するしかない。

鉢家に帰って早速金魚鉢に移した。
種から真上に向かってまっすぐのびているのを見ると蓮も生きているんだなと思った。


種
| パイプベッド | 盆栽・植物全般 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
臭い汗 (2006/12/07 8:14 PM)
私も一応生きています。
放流しないでね。









url: トラックバック機能は終了しました。